トップページ > スポンサー広告 > スポンサーサイト

トップページ > 犬の知識 > 犬が出来る色の区別

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬が出来る色の区別

犬の世界は青と黄色の2色の世界に住んでいるといわれています。

犬の2つの色を見極める錘状体細胞は、
黄緑色と紫色の波長の光に敏感に反応するが、
青緑色の光については、灰色と区別がつかないみたいです。

つまり
『青・紫』系の色は青に近く
『赤・オレンジ・黄・緑』の色は全て黄色っぽく見えます。

お天気のいい日では明るく日差しが強く黄色が増えるため
赤い色より青や紫の方が、断然はっきり見えるみたいです。

天気のいい空は青なので
フリスビーなので遊ぶ時は
黄色やオレンジがいいようです。

草地で遊ぶ場合は逆で
赤い色のおもちゃは地面の色と似るために
見分けがつきません。
なので青色や白のおもちゃが分かりやすくていいんです。

フローリングも茶色に近いので
オレンジのボールよりも
やっぱり青いボールがいいでしょう。

わんこの世界の色を知る事で
見えないという可能性があるということを
理解してあげてくださいね~

サービス地域(福岡限定)

色の付いた場所が現在の販売地域となります。
販売地域

メニュー

ブログランキング

地域活性化のためにクリックお願いします! あなたのクリックに感謝します!!
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ 人気ブログランキングへ 福岡よかともランキング

検索フォーム

QRコード

QRコード

サイトの有効性

RSS FeedRSS Feed (RSS 1.0)


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。